読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪獣と猫


12/9 きのこ帝国主催の対バン形式のライブ「怪獣と猫のツーマンツアー」のZepp Divercityで行われた東京公演に行ってきた。

f:id:GoodbyeOctober:20151212152426j:image

ツアーファイナルとなる今夜はくるりを対バン相手に招いたライブとなった。先にステージに上がったのは、くるり。SEなしでそのままフラッとステージに現れ、一番最初に鳴らしたコードはA。いきなりのキラーチューン「ワンダーフォーゲル」にはZeppを埋め尽くすオーディエンスからも大きな歓声が上がる。
先日、AKB48ゆきりんこと柏木由紀が、ツイッターで"切ないのに前向きにしてくれる!すき!"とこの曲のことを書いていたのを見た。
たしかにこの曲の切ないのに笑顔になれる独特な曲調はくるりの持ち味がよく出ていると今日のライブの演奏でも再確認できた。

「シャツを洗えば」では多幸感溢れるステージングで、オーディエンスはそれに応えるように思い思いに歌ったり体を揺らしたりしている。

切なく、優しい気持ちになれる楽曲が二曲続いたあとは「Morning Paper」。前の2曲と対照的にエッジの効いたロックンロールな楽曲だが、それもくるりの魅力である。くるりの持つ音楽的な心の広さは楽曲に説得力をもたせてくれる。
昨日イントロを変えたというMCから
新曲「How Can I Do」
いかにもくるりらしいパワーポップでキャッチーな楽曲。これからの人気曲になるような予感がしてたまらない。

「ばらの花」では思わず楽曲の持つ優しさにチルアウト。「everybody feels the same」「Liberty&Gravity」「ロックンロール」と新旧織り交ぜたベスト的な楽曲を連発し、最後は「虹」で大団円。特に最後の「虹」の気合のこもった演奏には心が震えた、今日のライブの締めには完璧すぎる演奏だった。

ここまでのセットリストを見ると分かるように引いてしまうくらいにヒット曲を連発している、これは対バンだからきのこ帝国のファンのために代表曲を中心にセットリストを組んだのかもしれないが、自分たちのフォロワーでもあるきのこ帝国への挑戦状という意味でも捉えられるくらいの気合のこもったライブだった。

以前ツイッターでも発言していたがボーカルの岸田さんが"きのこ帝国では海と花束が一番好き"ということを今日の途中のMCでも言っていた。

近年はフロアを盛り上げたり踊らせたりすることで人気になるバンドが日本の若手ロックシーンでは増加傾向にあるが、くるりのような"魅せる"ようなバンドが増えてもこれからの日本の音楽シーンはおもしろくなるんじゃないかと今日のくるりの演奏を観て思った。そして、そのシーンを切り開いていくのはきのこ帝国なのではないかと個人的には思っている。

くるりときのこ帝国がいまのダンスミュージック主体のシーンの中でどういう音楽を生み出していくのかがすごく楽しみだ。